パリの卓越した地区にある美しいホテル

予約する

 

最も純粋な形で楽しむパリの雰囲気

ドリーム オテル オペラ (DREAM HOTEL OPERA) 4 *は、伝説のル・ペルティエ通り (Rue Le Peletier) の控えめなファサードの裏に位置し、オペラ・ガルニエ(Opéra Garnier)からわずか数分の場所にあります。2018年春にオープンしました。

パリの中心部に位置する新しいこちらのホテルは、非の打ちどころのないサービスと時代を超えたエレガンスを26の客室にてご提供するため、すべてを再設計しました。

当ホテルにご滞在いただくことで、パリの歴史に貢献した人々の足跡をたどることができます。 首都パリのユニークなこの地区で、昔からの素晴らしさを是非味わってください。

「人々が集まるパリ」の中心にあるダイナミックな地区ですから、ショッピングに最適な地区やビジネスセンターの散策をお忘れなく。大通りやギャラリーラファイエット( Galeries Lafayette)やプランタン(Printemps)のようなファッションの中心地らしく有名ブランドショップが立ち並ぶ場所、数々のパリの職人、ファッションデザイナーやクリエイター、そして人気の職人たち…

多くの有名な劇場、オペラ(Opéra)、映画館(ル・グラン・レックス、Le Grand Rex)、芸術、ファッション、美食、庭園、パリの広場など、フランス文化に浸ってください…

少し歩くだけで、オペラ・ガルニエ(Opéra Garnier)、ルーブル美術館(Musée du Louvre)、アーケードとそのアートギャラリー、オテル・ドゥルオー(Hôtel Drouot)、コメディー・フランセーズ(Comédie Française)が見学でき、セーヌ川のほとりや パレ・ロワイヤルの庭園(Jardins du Palais Royal)などの散策もできます。近くにたくさんのレストランや美味しいスポットがありますので、食の楽しみもお忘れなく。
「特別」なホテルでありたいという願いを込め、施設のあらゆる部分は、非常にトレンディで現代的なタッチでパリの歴史を物語っています。
各客室、スイートそしてアパートメントはそれぞれ異なり、独自のスタイルです。 26室の客室にはそれぞれ個別のスパがございます。
2世代目のホテル経営者で代々パリの家族が経営するドリーム オテル オペラ (DREAM HOTEL OPERA) は、光の街・パリでのご滞在中、お客様の期待以上のものをご提供できるよう最善を尽くします。
おひとり、カップル、ご家族でご利用ですか? ビジネス、観光ですか? 現在のお得なオファーを是非ご利用ください。お客様の滞在が優れたものになるようお手伝い致します。

ホテル支配人
 

 

地区

パリの中心部へようこそ。

徒歩では、オペラ(Opéra)、ギャラリーラファイエット(Galeries Lafayette)、プランタン(Magasins Printemps)、グラン・レックス(Grand Rex)、バーなどの興味深い場所へ行くことができます。

詳しく見る

ショッピング

ギャラリーラファイエット(GALERIES LAFAYETTES)

オペラ・ガルニエ(OPÉRA GARNIER)

徒歩5分

フランスのパブ&ブラッスリー

徒歩3分

映画館 グラン・レックス(GRAND REX) 

徒歩5分

地下鉄

徒歩1分

 

客室

 個別のスパ、キングサイズのベッド、快適な防音設備を備えた19室の客室、スイート1室、アパートメント2室で快適なひと時をお楽しみください。

詳しく見る

 

お部屋にスパをご用意

プライベートスパでリラックスし、幸福のひと時を。
 

詳しく見る

 

出張のお客様

ビジネス地区ですか? 149€から、すべて込みのビジネスオファーをご提供しております。 当ホテルはお客様の出張時の移動に便利です。

無料のサービス&設備:む

新聞と雑誌
Wifi
年間プロモーション価格
ご到着の前日までキャンセル可能
無料のコーヒーと紅茶
ビデオプロジェクター付きワーキングスペース
防音設備を備えた客室

予約する

ご家族のお客様

コネクティングルームをご利用いただきますと、4〜6名様のご家族でのご滞在を存分にお楽しみいただけます。

無料のサービス&設備:

•専用バスルーム付きのコネクティングルーム
•セルフサービスのボードゲーム
•ベビーベッド、哺乳瓶ウォーマー、ハイチェアー、ロングマットレス
      •7歳未満のお子様の朝食をご提供
ホテル正面の娯楽施設「ラ・テット・ダン・レ・ニュアージュ(la tête dans les nuages)」

 

 
 

ル・ペルティエ通りの歴史

1786年に創設されたこの通りは、モンメリアン (Montmélian)の侯爵で、最後から2番目のパリの商人のプレヴォであったルイ・ル・ペルティエ・ド・モルトフォンテーヌ (Louis Le Peletier de Mortefontaine) にちなんで名付けられました。 1786年当時、パリで歩道がある3つの通りの1つでした。


ドリームホテルオペラ(DREAM HOTEL OPERA)の真正面、ペルティエ通り(rue Peletier)12番地に、1821年、1,800席の大劇場サル・ル・ペレティエ(salle Le Peletier)が建設されました。パリのオペラ座として1821年から1873年まで人々に親しまれました。    
1858年1月14日、パリのオペラ座の正面に止まろうとしたナポレオン三世と皇后ウージェニの馬車が、オルシーニのテロの標的になりました。このイタリアの独立主義者が行列に投げた込んだ爆弾で、142人が負傷し、8人が亡くなりました。しかし、皇帝夫婦は無傷で、ボックス席に辿り着けました。

劇場は1873年10月29日の夜、ほぼ24時間続いた火事によって完全に崩壊しました。 ルペレティエ通りの建物はすべて壊されました。

オペラ ル・ペルティエ(opéra Le Peletier)の崩壊により、オペラ・ガルニエ(opéra Garnier)の建設が決定し、1875年1月5日に開業しました。
19世紀の終わりから20世紀の初めにかけ、この通りは、歓喜にあふれる女性との喜びの出会いの場として栄え、まさにベル・エポック (Belle Epoque) の「すべての喜び」が見受けられました。
 
当ホテルは、ル・ペルティエ通り(rue le Peletier)15番地に位置し、多くの文学的・歴史的小説で登場する、この通りで唯一の場所です。1世紀以上前に、この場所がパーティーに欠かせない場所であったことがお分かりいただけるでしょう。

1852年から今日まで、当ホテル近くのオークションハウス・ドゥルーオ (Drouot)はパリの主要なオークションハウスです。 20のオークションルームを備えたドゥルーオ (Drouot)は、フランスだけでなく国際的なアート市場の中心地です。
 

546/Elements/fond/fond-motifs.png
546/Photos/chambre/lit/dream-hotel-opera-chambre-31.jpg
546/Photos/chambre/lit/dream-hotel-opera-chambre-10.jpg
546/Photos/chambre/lit/dream-hotel-opera-chambre-14.jpg
546/Photos/chambre/lit/dream-hotel-opera-chambre-13.jpg
546/Photos/photo generique/dream-hotel-opera-photo-generique.jpg
546/Photos/service/dream-hotel-opera-service-1.jpg
546/Photos/chambre/communicantes_5.jpg
546/Photos/service/dream-hotel-opera-service-3.jpg
546/Photos/photo generique/dream-hotel-opera-photo-generique-8.jpg